前へ
次へ

情報は英単語で検索する習慣の英語学習

楽しくなければ続かないのも英語学習ですから、難しい分厚いテキストで挫折する前に、ワクワク出来るような

more

CDを聞くだけの英語学習を始めました

英語学習のためのCDを購入しました。
聞く事で英語力を身につける学習方法のもので、毎日そのCD

more

英語学習をして世界で通用できるようにする

うまく世界で通用できるような英会話能力を身に付けるのであれば、やはりしっかりとした英語学習をすること

more

将来に結び付く英語学習に関して

日本人の学力は、世界でも上位だと言われています。
ただ、全ての教科が高い水準ではありません。
唯一劣っているのが、英語だと言われています。
これは長年の課題で、英語学習のレベルを上げることが、更なる飛躍に繋がると言われています。
なぜ英語が弱いのかと言えば、受験英語にウエイトを置き過ぎているからではないでしょうか。
センター試験はリスニング問題が出題されますが、割合としては多いものではありません。
文法や長文の理解が中心になり、話すことは置き去りにされています。
国際化の流れに逆行していますし、これでは日本の英語レベルは上がりません。
今後の取り組みとしては、どんどん海外留学をすることではないでしょうか。
ネイティブな英語に触れておくことで、リスニングの能力が高まります。
単語の羅列であっても構いませんし、相手に伝えることが一番ではないでしょうか。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

小学校の英語教育が始まっていますが、取り組み時代が遅すぎます。
英会話スクールに通っている生徒も多いですし、コンプレックスを抱える児童は減っていると言えます。
早めに英語教育を施すことで、中学や高校では応用の分野に進むことが出来ます。
数ヵ月の短期留学でも構いませんし、自信を付けることが出来るのではないでしょうか。
政治の課題としては、もっと予算を付けることです。
現場の英語教師のレベルを上げるのはもちろんですが、外国人講師の待遇面も改善させるべきです。
講師のレベルが上がることで、生徒の意欲も上がります。
相乗効果が得られるので、国力も上がると言われています。
インバウンドによって経済が活性化されていますが、トラブルも増えています。
互いの意思疏通をスムーズに出来れば、トラブルは減るのではないでしょうか。
外国人観光客はまだまだ増えると予想されていますし、英語学習が重要性を増すのは確実です。
シニアの登用も増えていますし、年齢を重ねても学びの意欲を持ち続けることが大切です。

Page Top